HOME ▶ お風呂 ▶ 御殿守のお風呂

御殿守のお風呂
東湯
西湯
貸切風呂
御殿守のお風呂

御殿守は上杉家の別荘として温泉を守り380 余年。お殿様の” 時の浪漫湯” に思いを馳せて、ごゆるりとご入浴ください。12 のお風呂はいずれも温泉を毎日入れ替えておりますので、清潔で新鮮な温泉を存分にお楽しみ頂けます。

上杉家の別荘は、十二種類の至福のお風呂
  • 5つのお風呂の「東湯」
  • 6つのお風呂の「西湯」
  • お殿様気分で「貸切風呂」

軌跡の湯を作る「北投石(ほくとうせき)」

世界でも台湾と秋田県玉川温泉の2ヶ所でのみ発見され、大正11年に国の特別天然記念物に指定されたラジウム放射線を有する重晶石の一種。温泉の成分が石化した物で、主に硫酸バリウムと硫酸鉛で出来ており、蛍光性と熱燐光を発する珍しい鉱物です。

東露天岩風呂 北投石
西露天岩風呂 北投石
蒸し風呂 北投石

開湯900年・赤湯温泉の話

寛治七年(1093年)、奥州統一を夢見た源義家の弟義綱が出羽の平師妙の乱の際、草刈八幡のお告げにより発見し、傷ついた兵士を湯に入れたところ、たちまち傷が治って、温泉は傷からの血で深紅に染まったところから、赤い湯、赤湯となったといわれております。

古くから羽州街道の宿場町として栄えてきた湯仙郷であり、伊達藩、上杉藩の御殿湯として重宝されてまいりました。「名君」として名高い上杉鷹山公もこよなく赤湯を愛し、書画を描かせたほどであり、今もって”美肌の湯”として知られております。

湯 量
毎分約100L
泉 質
含硫黄(ナトリウム・カルシウム)塩化物泉
効 能
疲労回復、神経痛、リュウマチ、慢性皮膚病、糖尿病