HOME ▶ 女将 四季の日記

平成29年10月

当サイトをご覧いただき

誠にありがとうございます。

田んぼは一面黄金色に変わりました。
今年、南陽市は市制50周年を迎え、
様々な行事が行われておりますが、
先月9日・10日と両日開催された、
「赤湯温泉ふるさと祭り」も

今年は40回目となり、
周年事業と重なり、盛大に開催されました。
雨模様の日々が続いておりましたが、
祭りの両日だけは晴天に恵まれ
今までで、最高の人出となったようです。

当館にも、台湾からの観光団の

皆様がご宿泊になり、
一緒に神輿を担いだりして、
それは賑やかなひと時でした。
祭りの楽しさは、国境を越えて
万国共通なのかもしれません。

秋の味覚が出揃う時期となりましたが、
先月下旬には、特産のマツタケも出始め、
今年は4年続きの豊作とのニュースが

流れていました。

当館中庭の金魚も、来るべき冬に備えてなのか、
以前にも増して、食欲旺盛で、
丸々と太ってきました。

先月には新たな施設が誕生しました。
まず、東露天岩風呂に

お子様用お風呂を作りました。
こちらは、まだ小さいお子様(幼児)にも
親の介添えが無くても一人で
ご入浴を楽しめるようにと
浴槽をつくりました。
職人さんは「孫と一緒に入りたいな・・・」

とポツリ。
直ちに、お風呂の名前は
「孫の湯」ということになりました。

それからもう一つ。
いま、当南陽市にある日本三熊野の一つ、
熊野大社で、毎月、縁結び祈願際「月結び」
という行事が行われて、

女性に人気を呼んでいます。
http://kumano-taisha.or.jp/D_smallpage/tukimusubi.html


この度、当館貸切風呂の中庭に
三角おむすびのような形をした大きい石で、
中を丸く、くり抜いた石を設置いたしました。
たまたま、石の中をくり抜いたのはなぜですか、
というお客様からの問いがあり、
それは〇(円・縁)が深まりますように、
また、夜にはライトアップして
お月様のようにに見えるように灯りを入れるため
と、お答えしたところ、お客様は〇(円)のある
おむすびのような石だから縁(円)結び石、
月のようなおむすび石だから、月結び石だ、
とおっしゃいました。
そこで、月結び石と
命名することといたしました。


孫の湯、月結び石ともに、
何気ない皆様との会話の中から生まれました。
当館の人気スポットになってくれることを

期待しています。

黄金色の田んぼも、
これから、少しずつ土色に変わっていきます。
それが終わると、樹々の葉は

緑から、黄色、赤、茶色に
変わっていきます。
そしてそれも終わると、
一面、真っ白になっていきます。
秋から冬にかけて自然のキャンバスは、
毎日、慌ただしくその色を変えていきます。

みちのくの秋の風情と、味覚、温泉を
楽しみにお出かけになりませんか。

皆様のご来館を心よりお待ちいたしております。

女将 石岡かほる

今年の赤湯温泉ふるさと祭りのお神輿振舞い。

中庭崖のツバキの実。

「花見の足湯」脇のヒガンバナ。

中庭のキンモクセイ

「明治天皇駐輦碑」前のコムラサキシキブ。

貸切風呂の「月むすび」の石。

東露天岩風呂に作った「孫の湯」。


バックナンバーへ